出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

びわこ成蹊大2年ぶり頂狙う サッカー関西学生リーグ6日開幕

関西学生サッカーリーグ前期日程(京都、滋賀関係分)
関西学生サッカーリーグ前期日程(京都、滋賀関係分)

 サッカー関西学生リーグ1部は6日に開幕し、京都滋賀からは昨季5位のびわこ成蹊スポーツ大、7位の立命大、8位の京産大の3校が参戦する。12校が前・後期でそれぞれ総当たり戦を行い、関西の覇権を争う。

 びわこ成蹊大は「臨機応変に何が何でも勝つサッカー」(望月監督)で2年ぶりのリーグ制覇に挑む。ドリブルとパスが魅力のMF忽那(4年、愛媛U―18)とFW青山(4年、名古屋U―18)が攻撃を引っ張る。守備陣では高さのあるDF森(2年、創造学園)が急成長し、持ち味の堅守を支える。

 立命大は昨季の課題だった守備を強化した。中心は関西学生選抜のDF小松(4年、阪南大高)。主将のDF山岡(4年、洛北)がまとめ、上位4校に与えられる全日本大学選手権の切符を狙う。米田監督は「一戦一戦やるべきことをやる。チームで戦いたい」。京産大は得点感覚に優れたFW原田(G大阪ユース)ら1年生に期待。古井監督は「ボールを失わず、しっかりとつなぐサッカーをしたい」と話し、上位を目指す。

【 2019年04月05日 13時18分 】

ニュース写真

  • 関西学生サッカーリーグ前期日程(京都、滋賀関係分)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース