出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

桑田氏、PLユニホームで登板
野球部OBチーム練習試合

 PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏=13日午前、大阪府内
 PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏=13日午前、大阪府内

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇り、現在休部中の大阪・PL学園高野球部のOBチームが13日、大阪府内で練習試合を行い、プロ野球巨人などで活躍したOB会長の桑田真澄氏(51)が初参加した。「4番・投手」で先発出場し「昔、一緒に戦った仲間と同じグラウンドでプレーできてうれしい。もうちょっと体を仕上げて、チームに貢献したい」と笑顔で話した。

 清原和博氏との「KKコンビ」で甲子園を沸かせた桑田氏は「PL GAKUEN」のユニホーム姿で登板した。ゆったりとしたフォームから得意のカーブを交えて投球し、1回を失策絡みの1点に抑えた。

【 2019年04月13日 12時31分 】

ニュース写真

  •  PL学園高野球部のOBチームの練習試合で先発した桑田真澄氏=13日午前、大阪府内
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース