出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ゴルフ、岡山絵里ら4人が出場権
全米女子オープン、最終予選会

 ゴルフの全米女子オープン選手権日本地区最終予選で、出場権を獲得した(左から)上野菜々子、岡山絵里、吉田優利、天本遥香=大利根CC
 ゴルフの全米女子オープン選手権日本地区最終予選で、出場権を獲得した(左から)上野菜々子、岡山絵里、吉田優利、天本遥香=大利根CC

 女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権(5月30日~6月2日・サウスカロライナ州チャールストン)の日本地区最終予選は22日、茨城県の大利根CCで102選手が参加して行われ、36ホールのストロークプレーで岡山絵里、天本遥香、ともにアマチュアで19歳の吉田優利と18歳の上野菜々子が出場権を獲得した。

 岡山が142でトップ通過。1打差で吉田が続き、上野と天本は146で3位だった。新垣比菜とアマチュアの泉田琴菜がさらに1打差の5位。

 全米女子オープンは畑岡奈紗、上原彩子、横峯さくら、鈴木愛、比嘉真美子、成田美寿々が既に出場資格を得ている。

【 2019年04月22日 19時36分 】

ニュース写真

  •  ゴルフの全米女子オープン選手権日本地区最終予選で、出場権を獲得した(左から)上野菜々子、岡山絵里、吉田優利、天本遥香=大利根CC
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース