出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

立命大、関大に逆転勝ちし単独首位 京大は大敗、関西学生野球

立命大-関大 8回表立命大2死一、二塁、代打の栄枝が2点適時三塁打を放ち、逆転に成功する(南港中央)
立命大-関大 8回表立命大2死一、二塁、代打の栄枝が2点適時三塁打を放ち、逆転に成功する(南港中央)

 関西学生野球は20日、南港中央で3回戦2試合を行い、立命大が4―3で関大に逆転勝ちし、勝ち点を4に伸ばした。単独首位の立命大は、最終節の同大戦で勝ち点を獲得するか、敗れても2位近大の結果次第で優勝が決まる。京大は0―13で関学大に大敗して勝ち点を奪えず、全試合を終えて最下位。

 立命大は2―3とリードされた八回2死一、二塁、代打の栄枝(3年、高知)が2点適時三塁打を放って逆転した。先発の左腕坂本(4年、福岡大大濠)ら4投手の継投で競り勝った。京大は先発の右腕藤原(4年、東海大仰星)が2回4失点で降板し、2番手以降も打たれて計16安打を浴びた。

【 2019年05月20日 22時50分 】

ニュース写真

  • 立命大-関大 8回表立命大2死一、二塁、代打の栄枝が2点適時三塁打を放ち、逆転に成功する(南港中央)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース