出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

平幕朝山、25日にも初V
2敗守る、鶴竜は3敗目

 朝乃山(右)が寄り切りで栃ノ心を破る=両国国技館
 朝乃山(右)が寄り切りで栃ノ心を破る=両国国技館

 大相撲夏場所13日目(24日・両国国技館)平幕朝乃山が軍配差し違えで関脇栃ノ心に寄り切りで勝って11勝目を挙げ、単独トップに立った。2敗で並んでいた横綱鶴竜は大関高安に押し出された。朝乃山が14日目に大関豪栄道に勝ち、鶴竜が栃ノ心に負けると、朝乃山の初優勝が決まる。

 10勝すれば大関復帰が決まる栃ノ心は3連敗で9勝4敗。高安は勝ち越した。豪栄道は9勝目を挙げた。

 2敗の朝乃山を3敗で鶴竜が追い、4敗は豪栄道、栃ノ心ら4人。十両は貴源治が12勝目を挙げて単独首位を維持した。

【 2019年05月24日 19時26分 】

ニュース写真

  •  朝乃山(右)が寄り切りで栃ノ心を破る=両国国技館
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース