出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大相撲「京都場所」10月18日開催 島津アリーナ京都で

大相撲「京都場所」の開催をアピールする実行委のメンバーら(京都市内のホテル)
大相撲「京都場所」の開催をアピールする実行委のメンバーら(京都市内のホテル)

 大相撲の京都場所実行委員会は5日、京都市内のホテルで記者会見を開き、10月18日に島津アリーナ京都(北区)で開催する令和最初の京都場所の概要を発表した。

 京都市での開催は6年連続で、来場者は約7千人を見込む。東日本大震災の避難者や障害のある人と家族、外国人留学生ら約1300人を無料招待する。

 チケットは7月22日から販売を始める。会見で桝本頼兼実行委員長は「秋の京都の風物詩として定着してきた」とあいさつ。元蒼樹山の枝川親方(彦根市出身)は、先月の夏場所で初優勝を果たした朝乃山や関西出身の大関貴景勝らの名前を挙げ「注目力士が多く、楽しんでいただけると思う」と話した。

【 2019年06月06日 17時36分 】

ニュース写真

  • 大相撲「京都場所」の開催をアピールする実行委のメンバーら(京都市内のホテル)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース