出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日本新薬、6年連続で本大会へ 都市対抗野球近畿予選

ミキハウス日本新薬 1回表日本新薬2死二塁、左中間へ先制二塁打を放つ中(大阪シティ信用金庫スタジアム)
ミキハウス日本新薬 1回表日本新薬2死二塁、左中間へ先制二塁打を放つ中(大阪シティ信用金庫スタジアム)

 都市対抗野球大会の近畿地区予選は8日、大阪シティ信用金庫スタジアムで第4代表決定戦を行い、日本新薬(京都市)が4―0でミキハウス(八尾市)に完封勝ちし、6年連続36度目の本大会出場(7月13日開幕・東京ドーム)を決めた。

 日本新薬は初回2死二塁から、4番DHの中が左中間二塁打を放って先制した。四回は1死二塁から浜田の適時二塁打で加点し、八回は中の中犠飛などで2点を挙げてだめを押した。先発榎田は緩急をつけて8奪三振と好投、岩本と完封リレーで締めた。

【 2019年06月09日 15時46分 】

ニュース写真

  • ミキハウス日本新薬 1回表日本新薬2死二塁、左中間へ先制二塁打を放つ中(大阪シティ信用金庫スタジアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース