出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

男子フルーレ、敷根が優勝
フェンシングのアジア選手権

 男子フルーレ個人決勝 優勝を決め、雄たけびを上げる敷根崇裕=千葉ポートアリーナ
 男子フルーレ個人決勝 優勝を決め、雄たけびを上げる敷根崇裕=千葉ポートアリーナ

 フェンシングのアジア選手権は13日、千葉ポートアリーナで開幕して個人戦の2種目が行われ、男子フルーレは敷根崇裕(法大)が決勝で張家朗(香港)を下して優勝した。女子サーブルの田村紀佳(旭興業)は決勝で尹智秀(韓国)に敗れて2位だった。

 敷根は準決勝で西藤俊哉(長野ク)を下した。松山恭助(JTB)と三宅諒(フェンシングステージ)は3回戦で敗退した。

 田村は準決勝で福島史帆実(セプテーニ・ホールディングス)を退けた。江村美咲(中大)は準々決勝で、青木千佳(ネクサス)は3回戦で福島に屈した。

 東京五輪出場枠は来年4月までの国際大会の成績で決まり、今大会も対象。

【 2019年06月13日 20時46分 】

ニュース写真

  •  男子フルーレ個人決勝 優勝を決め、雄たけびを上げる敷根崇裕=千葉ポートアリーナ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース