出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

洛南・三浦が日本高校記録 男子3000障害、陸上IH近畿予選

男子3000メートル障害決勝 8分39秒49の日本高校新記録で優勝した洛南の三浦(ヤンマースタジアム長居)
男子3000メートル障害決勝 8分39秒49の日本高校新記録で優勝した洛南の三浦(ヤンマースタジアム長居)

 陸上の全国高校総体(IH)近畿地区予選第3日は15日、ヤンマースタジアム長居などで男女12種目の決勝を行った。男子3000メートル障害で三浦龍司(洛南)が、30年ぶりに日本高校記録を塗り替える8分39秒49で優勝した。男子200メートルは木村稜(乙訓)が初優勝。女子200メートルは吉岡里奈(西京)が400メートルに続く2冠を果たした。5000メートル競歩は男子の水谷颯佑(京都工学院)、女子の菊田陽世(草津東)がそれぞれ4位に入り、本大会出場を決めた。

【 2019年06月15日 17時27分 】

ニュース写真

  • 男子3000メートル障害決勝 8分39秒49の日本高校新記録で優勝した洛南の三浦(ヤンマースタジアム長居)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース