出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

立命館宇治、2回戦で散る 夏の甲子園

星稜-立命館宇治 3回裏立命館宇治2死一塁、岡田が左前にチーム初安打を放つ(兵庫県西宮市・甲子園球場)
星稜-立命館宇治 3回裏立命館宇治2死一塁、岡田が左前にチーム初安打を放つ(兵庫県西宮市・甲子園球場)

 第101回全国高校野球選手権第8日は13日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、立命館宇治は3-6で星稜(石川)に敗れ、3回戦進出を逃した。星稜は春夏通算30勝目。

 智弁和歌山は明徳義塾(高知)に7-1で逆転勝ち。1点を追う七回に3本塁打が飛び出し、2008年に自らが記録した1イニングチーム最多本塁打に並んだ。敦賀気比は杉田が史上6人目のサイクル安打を記録するなど22安打の猛攻で、国学院久我山(西東京)に19-3で大勝した。履正社(大阪)は7-3で津田学園(三重)を破った。

【 2019年08月13日 13時00分 】

ニュース写真

  • 星稜-立命館宇治 3回裏立命館宇治2死一塁、岡田が左前にチーム初安打を放つ(兵庫県西宮市・甲子園球場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース