出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大谷は5打数2安打2打点
パイレーツ戦

 パイレーツ戦の2回、左翼線に適時三塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
 パイレーツ戦の2回、左翼線に適時三塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 ▽エンゼルス―パイレーツ(13日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷は「3番・指名打者」でフル出場し、5打数2安打2打点、2得点だった。内容は左翼線二塁打(打点1)、左翼線三塁打(打点1)、二ゴロ、空振り三振、二ゴロで、打率は2割9分1厘。チームは7―10で敗れた。(共同)

【 2019年08月14日 15時46分 】

ニュース写真

  •  パイレーツ戦の2回、左翼線に適時三塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース