出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

高橋大輔の新SPは「不死鳥」
フィギュア、ビヨンセの振付師と

 フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)のマネジメント会社は14日、高橋の今季のショートプログラム(SP)が「フェニックス(不死鳥)」をテーマとする演目になると発表した。

 米歌手ビヨンセのダンスの振り付けをした経験を持つシェリル・ムラカミさんらにプログラムをつくってもらったという。昨シーズンで4季ぶりに現役復帰した高橋は「アップテンポで息が切れそうですが、楽しみなナンバーになりました」とコメント。フリーは昨季と同じ「ペール・グリーン・ゴースツ」を使用する。

【 2019年08月14日 19時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース