出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

バド奥原、桃田ら準々決勝へ
世界選手権第4日

 女子シングルス3回戦 韓国選手からポイントを奪いガッツポーズする奥原希望=バーゼル(共同)
 女子シングルス3回戦 韓国選手からポイントを奪いガッツポーズする奥原希望=バーゼル(共同)

 【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権第4日は22日、スイスのバーゼルで各種目の3回戦が行われ、女子シングルスで2017年大会覇者の奥原希望(太陽ホールディングス)は第10シードの成池鉉(韓国)を2―0で退け、8強入りを果たした。

 男子シングルスで2連覇を目指す世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)はH・S・プラノイ(インド)を2―0で下して準々決勝に進出したが、西本拳太(トナミ運輸)はマレーシア選手に1―2で屈した。

 男子ダブルスで昨年準優勝の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は中国ペアに2―1で逆転勝ち。

【 2019年08月23日 00時31分 】

ニュース写真

  •  女子シングルス3回戦 韓国選手からポイントを奪いガッツポーズする奥原希望=バーゼル(共同)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース