出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・鴨川で納涼床開き はや夏の風情

納涼床で芸舞妓と酒席を楽しむ客ら(1日午後6時45分、京都市中京区)
納涼床で芸舞妓と酒席を楽しむ客ら(1日午後6時45分、京都市中京区)

 京都の夏の風物詩、鴨川の納涼床(京都市中京区、下京区)が1日、床開きした。夕暮れとともに明かりがともると、なじみ客らが川面と東山を望みながら、京の風情に浸った。

 料理旅館「幾松」(中京区)では、島原の太夫や宮川町の芸舞妓が舞を披露。客は太夫や芸舞妓のもてなしを受けながら、旬の食材を使った料理や酒を楽しんだ。友人らと訪れた京都市左京区の会社員山本修次さん(37)は「床が出ると夏が来た、という感じ。少し肌寒かったが味わい深く、今年も新鮮な気持ちで楽しめた」と喜んでいた。

 京都鴨川納涼床協同組合によると、今夏、二条-五条通間で98店が床を出す。うち89店がこの日、営業を始めた。

【 2017年05月01日 23時20分 】

ニュース写真

  • 納涼床で芸舞妓と酒席を楽しむ客ら(1日午後6時45分、京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース