出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

3基の神輿、八坂神社に戻る 京都・祇園祭還幸祭

威勢のいい掛け声とともに八坂神社に戻ってきた神輿(24日午後10時10分、京都市東山区)
威勢のいい掛け声とともに八坂神社に戻ってきた神輿(24日午後10時10分、京都市東山区)

 祇園祭の還幸祭が24日夜行われ、3基の神輿(みこし)が京都市中心部を練り、東山区の八坂神社に順次戻った。担ぎ手の男性たちの「ホイット、ホイット」の力強い掛け声が、深夜の境内にこだました。

 午後5時以降、中御座、東御座、西御座の3基が四条御旅所(下京区四条通寺町東入ル)をそれぞれ出発した。京都市中心部を巡行し、八坂神社の境外末社の又旅社(中京区三条通黒門西入ル)などを経て八坂神社に向かった。

 各神輿は午後10時ごろから神社に到着した。担ぎ手は名残を惜しみつつ、境内を3周した後、神輿を舞殿に安置した。3基がそろうと、境内の照明が消され、神霊を本殿に戻す儀式が行われた。

【 2017年07月24日 23時33分 】

ニュース写真

  • 威勢のいい掛け声とともに八坂神社に戻ってきた神輿(24日午後10時10分、京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース