出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ダウン症の脳、発達促す化合物 京大開発、マウスで確認

 ダウン症と診断された胎児の脳の発達を促す可能性がある化合物を、京都大医学研究科の萩原正敏教授や小林亜希子助教らが開発した。妊娠中の母マウスに投与し、ダウン症モデルの子への効果を確認した。萩原教授は「人のダウン症へ使うには、安全面の課題を解決した上で社会的な合意が必要となる」と、慎重な見極めの必要性を強調した。米国科学アカデミー紀要に近く、発表する。

 ヒトの場合、ダウン症は千人に1人の割合で生まれ、通常は2本の21番目の染色体が3本ある。知的障害や心臓病などを伴い、一部の遺伝子の過剰発現が原因とされる。

 萩原教授らはダウン症で過剰に発現し、神経幹細胞の増殖を妨げるタンパク質「DYRK1A」に着目。ダウン症モデルのマウスの神経幹細胞に約700種類の化合物を作用させ、DYRK1Aの活性を抑制し、神経幹細胞の増殖を促すタイプを見つけた。このうち胎盤を通過して脳に到達しやすい化合物を、ダウン症の胎児を妊娠している母マウスに投与。胎児のマウスの大脳皮質は健常なマウスと同じ厚さとなった。生まれた子マウスは、迷路テストで健常なマウスと差のない学習能力を示した。

 またダウン症患者から作ったヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って化合物の作用を解析すると、ヒトの神経幹細胞を増殖させる機能が回復した。

 萩原教授は「ダウン症だけでなく脳梗塞やパーキンソン病など、ほかの病気にも応用できるはず」としている。

■安全や倫理面、人への応用にはハードル

 出生前に薬を投与し、ダウン症の脳の発達を促す可能性を示した研究。先天性疾患を研究する医師からは「実際に人へ投与するには効果や安全面で確認するべきハードルがたくさんある」という指摘が聞かれた。またダウン症の子のいる母親からは「豊かな感情などダウン症の人の魅力は大きい。知的な発達を一概に治療対象にするべきではない」と慎重意見も出た。

 小児科医で先天性疾患の治療法を研究する神戸学院大の松尾雅文教授は、神経幹細胞の増殖を確認した成果を「成人の神経の病気などに広く応用できる可能性を示した」と評価。その上で「生まれた後の成長過程での副作用の有無など、安全性の確認にはかなり時間がかかる」と指摘した。また、マウスで確認した認知機能への効果をヒトに見いだせるかは、検証が必要と述べた。

 次女(28)がダウン症で、生命倫理学を研究する近畿大理工学部の巽純子准教授は「出生前に子がダウン症と分かれば母親は悩む。ただダウン症の生の豊かさがもっと社会に理解されればとらえ方は変わるはず」と強調した。医療面での選択肢が増えることに理解を示しつつ、「ダウン症の全てを治療に結びつける必要はない」と話した。

 また、今回の治療は出生前診断が前提となっている点を指摘。ダウン症と分かると中絶を選択するケースが多いことに触れ、「ゲノム(遺伝情報)の違いで差別されてはいけない。生まれてくる命を選別する是非はこれからも議論を続けていくべき」と注意を促した。

【 2017年09月05日 04時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      俳句甲子園、山口・徳山高が優勝
      出場5年目で初

      20180819000103

       高校生が5人一組で俳句の出来栄えや鑑賞力を競う第21回「俳句甲子園」の決勝が19日、松..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、コールド発進
      ソフトボール・19日

      20180819000126

       ソフトボールで5連覇に挑む日本が、1次リーグ初戦でインドネシアを7―0の五回コールドゲ..... [ 記事へ ]

      経済

      過疎地に簡易給油所導入へ
      タンクローリーを活用

      20180819000090

       ガソリンスタンド(給油所)が減少している地域で給油手段を確保するため、経済産業省が「ど..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      西田幾多郎の乱筆読み解け 京大院生ら、未公開ノートに挑む

      20180819000045

       「善の研究」などで知られる哲学者西田幾多郎(1870~1945年)の未公開ノートの解読..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ燃料取り出し訓練で警報
      作業中断、再開のめど立たず

      20180819000035

       日本原子力研究開発機構は19日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の使用済み核燃料..... [ 記事へ ]