出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

秋の始まり告げる「もみじの列車」出発 京都、叡山電鉄

ライトアップされた「もみじのトンネル」を走り抜ける展望列車「きらら」(2017年11月2日午後5時25分、京都市左京区)
ライトアップされた「もみじのトンネル」を走り抜ける展望列車「きらら」(2017年11月2日午後5時25分、京都市左京区)

 ライトアップされた紅葉の中を走る叡山電鉄の「もみじの列車」運行が3日から、京都市左京区の出町柳駅-鞍馬駅間で始まる。2日夜に試験点灯が行われ、ほんのり色づいたモミジが夕闇に浮かぶなか、秋の始まりを告げる列車がゆっくりと進んだ。

 叡山電鉄の市原駅-二ノ瀬駅間の「もみじのトンネル」は約250メートルの区間に、イロハモミジやオオモミジなど約280本が植えられている。今年からライトアップの照明約120基をすべてLEDに切り替えた。叡山電鉄によると、台風による目立った被害もなく、今年は例年に比べてやや早く色づき始めたという。

 午後5時すぎに照明が点灯され、うっすらと赤や黄に染まったモミジを照らし出した。車両側面に広い窓を設けた展望列車「きらら」は車内照明を切り、徐行運転でゆっくりと「もみじのトンネル」を通過した。車窓には鮮やかな光に照らされたモミジが次々と迫り、乗客はスマートフォンで熱心に写真に収めていた。

 26日まで。期間中、沿線の貴船神社や二ノ瀬駅、貴船口駅でもライトアップや行灯の設置がある。

【 2017年11月02日 20時21分 】

ニュース写真

  • ライトアップされた「もみじのトンネル」を走り抜ける展望列車「きらら」(2017年11月2日午後5時25分、京都市左京区)
  • 展望列車「きらら」の車窓には、鮮やかに照らされたモミジが次々と迫る(2017年11月2日午後5時25分、京都市左京区)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース