出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪出場の宮原「一番の先生」 コーチ・浜田美栄さん

女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ
女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 フィギュアスケート女子の宮原知子選手(19)を初の五輪へと導いた。コーチ歴36年。「スケートが好きだからやってきた。五輪選手を育てるために指導しているわけじゃない」と何度も口にしてきたが、会心の演技の愛(まな)弟子を抱きしめ、高得点に顔を手で覆って肩を震わせた。

 京都市伏見区出身。小学生の時に母親が申し込んだスケート教室で競技を始め、全日本選手権にも出場した。ただ「私は(選手として)全然大したことがない」と謙遜する。小学校の卒業文集には将来の夢にフィギュアのコーチと書いた。

 同志社大在学中に当時フィギュアが全盛だった米国に留学し、卒業と同時にコーチに。だが、活動拠点のリンクが相次いで閉鎖。練習場所を求めて奔走し、教え子を送り迎えするため車もワゴンタイプに買い換えた。奮闘は実を結び、2004年四大陸選手権覇者の太田由希奈さんら世界レベルの選手を輩出した。

 現在は関西大たかつきアイスアリーナ(大阪府高槻市)を拠点に活動。有望選手を多く抱え、宮原選手だけでなく、本田真凜選手(16)、白岩優奈選手(16)ら「浜田組」の選手がフィギュア界を席巻する。

 指導は厳しく、声を荒らげることも。演技直前は手を握り、額同士を合わせ、“魔法の言葉”を掛けて勝負のリンクに送り出す。「私の一番の先生」(宮原選手)。信頼は厚い。

 オリンピアンを育てても「私の原点」と語る初心者教室に顔を出す。フィギュアが人気が出る前の苦しい時代を知るからこそ初心を忘れない。「ブームが去ってもいいものは残る。ちゃんと勉強しないと」。京都府城陽市在住。

【 2017年12月24日 11時30分 】

ニュース写真

  • 女子フリーの演技を終え、浜田美栄コーチと抱き合う宮原知子=武蔵野の森総合スポーツプラザ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]