出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

フィギュア田中地元で五輪壮行会
「血のにじむ練習を」

 壮行会であいさつする田中刑事=28日、岡山県倉敷市
 壮行会であいさつする田中刑事=28日、岡山県倉敷市

 フィギュアスケート男子で平昌冬季五輪代表に決まった田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が28日、地元の岡山県倉敷市で壮行会に出席し「五輪で楽しめるように、今から血のにじむような練習をしていきたい」と意気込みを語った。

 田中は、2010年バンクーバー五輪で銅メダルに輝き、06年トリノ五輪、14年ソチ五輪と合わせて五輪3大会に出場した倉敷市出身の高橋大輔さんが基礎を学んだリンクで小学1年からスケートを始めた。全日本選手権で2位に入り、初の五輪代表を決めた後には高橋さんから「(演技に)気持ちが入っていた」と祝福してもらったそうで「うれしい」と喜んだ。

【 2017年12月28日 18時16分 】

ニュース写真

  •  壮行会であいさつする田中刑事=28日、岡山県倉敷市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース