出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都通と巡る明治維新150年 毎週日曜日にツアー

明治初頭、盛り場として活性化事業が進んだ新京極通を巡るウォーキングツアー参加者=京都市中京区
明治初頭、盛り場として活性化事業が進んだ新京極通を巡るウォーキングツアー参加者=京都市中京区

 「京都通と歩く まちなかウォーキングツアー」と銘打った史跡巡りが、幕末-明治維新にゆかりが深い京都市中京区や東山区などで毎週日曜日に催されている。激動の歴史の転換から150年という節目を迎えるなか、今の京都の礎を築いた先人の営みに思いをはせるには絶好の機会といえるだろう。

 ■検定1級合格者らが史跡案内

 京都まちづくり交通研究所が主催し、京都検定1級合格者を母体としたNPO法人「京都観光文化を考える会・都草」(上京区)のメンバーが案内している。

 1月7日のコース「歴史を秘める街 寺町界わいから、三条通の洋館を巡る」の参加者たちは、四条通から新京極通を北上しながら錦天満宮や誓願寺、矢田寺などを巡った。豊臣秀吉による京都改造で集められた多くの寺が、今でも庶民信仰の場として多くの人々に親しまれている様子をたどった。

 三条通の老舗針店では、明治維新直後の人口減や経済低迷のなか、新京極通を盛り場とする事業や京都博覧会の開催などで活気を取り戻そうとした先人たちの足跡に参加者は思いをはせた。また、旧時計店や生命保険会社ビル、元金融機関だった京都文化博物館、郵便局などレンガ建築を中心とする洋館を巡ると、参加者からは「蔵のような金庫室の重厚な構造に驚いた」「モダンな装飾が細部まで施されている」などの声が上がった。明治期には三条通沿いが華やかな経済や先端文化の中心だったことを体感したようだった。

 この日の案内役を担った「都草」メンバーの松井和子さんによると、参加者は京都市内の在住者が多く、「知っていたつもりが新たに発見があった」と好評だという。「いわゆる東京遷都という逆境を跳ね返すため、明治の有力商家などの町衆たちが多大な私財を投じて先見的で広く大きなビジョンで時代を切り開いたということを、まち歩きを通じて多くの人に知ってほしい」と松井さんは話している。

 ■1月の日程とテーマ

 「京都通と歩く まちなかウォーキングツアー」は、毎週日曜午前10時20分に京都市中京区河原町通蛸薬師下ルの京都まちなか交通・観光案内所集合、同10時半に出発。参加費1人千円(4人以上で1人800円)、当日参加可。

 1月の他の日程とテーマ、主なコースは次の通り。各回およそ2時間。事前の予約や問い合わせは090(8140)0369。当日参加可。

 14日、「祇園をぬけて、八坂塔の見える経を歩く」=四条大橋、花見小路、建仁寺、八坂通、高台寺、ねねの道など

 21日、「明治維新の舞台、高瀬川沿いを往(ゆ)く」=近江屋跡、土佐藩邸跡、先斗町歌舞練場、瑞泉寺、一之舟入、長州藩邸跡など。

 28日、「白川の清流を辿(たど)って、東山ふもとの社寺を訪ねる」=四条大橋、出雲阿国像、白川南通、かにかくに碑、知恩院、長楽館、八坂神社など。

 ≪京都まちなか交通・観光案内所≫

 京都まちづくり交通研究所が運営し、観光情報や主要観光スポットへの交通アクセスの案内、京の伝統の技を体験できる工房や店を紹介している。午前10時~午後6時、定休日なし。京都市中京区河原町通蛸薬師下ル。

【 2018年01月12日 16時20分 】

ニュース写真

  • 明治初頭、盛り場として活性化事業が進んだ新京極通を巡るウォーキングツアー参加者=京都市中京区
  • 三条通沿いでは重厚でモダンな西洋建築を巡る=京都市中京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      川遊びの小3男児死亡
      大阪・大和川で流される

      20180923000114

       23日午後4時15分ごろ、大阪市と堺市との間を流れる大和川で小学生の男児3人が溺れ、う..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、堂安がフル出場
      オランダ1部リーグ

      20180923000154

       【フローニンゲン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで23日、フローニンゲン..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]