出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

滋賀プロレス、14日に無料試合 「拠点の町に活気を」

「プロレスで甲良町を盛り上げたい」と意気込む中村代表(前列中央)とレスラーたち=甲良町長寺・長寺地域総合センター
「プロレスで甲良町を盛り上げたい」と意気込む中村代表(前列中央)とレスラーたち=甲良町長寺・長寺地域総合センター

 昨秋に誕生した滋賀県内初のご当地プロレス団体「滋賀プロレスリング」が14日午後1時から甲良町長寺の長寺地域総合センターで入場無料の試合を開く。今後、同町を拠点に活動する予定で、設立者で代表を務める中村健次さん(48)は「プロレスで町を活気づけたい」と意気込む。

 同団体はレスラー15人などで構成。中村さんは京都市で芸能プロダクションを経営し、これまでに京都や大阪でご当地プロレスの立ち上げに関わった。15歳から30歳まで草津市に住んでいたといい「第二の故郷である滋賀にプロレスで貢献したかった」と設立の動機を語る。

 昨年10月の旗揚げ試合後、中村さんが活動拠点を探していることを知った同町の男性から「農業用倉庫を使ってほしい」と申し出があった。申し出は実現しなかったが、町民からの「町を盛り上げて」との声に押され、同町を拠点とすることに決めた。

 今後は、入場無料の試合を月1回程度開くほか、福祉施設訪問や青少年対象のプロレス教室を計画している。将来は空き倉庫などを利用してプロレス道場を開きたいといい、物件を町内で探している。

 14日の試合に向け、レスラー4人がこのほど町内のスーパーや畑などで試合のビラを配ってPRした。のどかな集落に突然現れたレスラーたちに町民たちは驚いた様子だったが、「頑張って」「絶対見に行く」などと声援を送った。

 同町下之郷の畑でダイコンを収穫中だった農家の辻喜代子さん(67)は「多くの人が町に訪れるきっかけになってほしい」と期待を寄せた。

 試合以外にも、町民の依頼があれば雪かきや農作物の収穫などにレスラーを派遣するといい、中村さんは「まずは地域の方々に受け入れてもらう。役に立つことは何でもしたい」と力を込める。

 当日は、町出身の戦国武将藤堂高虎をイメージして、武将の甲冑(かっちゅう)を連想させる装飾を施したマスクを着けた「TAKA虎」のデビュー戦など2試合が催され、レスラーとの記念撮影もある。会場は駐車場が限られており、同団体は近隣住民に徒歩や自転車での来場を呼び掛けている。

【 2018年01月12日 18時00分 】

ニュース写真

  • 「プロレスで甲良町を盛り上げたい」と意気込む中村代表(前列中央)とレスラーたち=甲良町長寺・長寺地域総合センター
  • ダイコン畑で収穫作業をしていた女性に試合のビラを渡す滋賀プロレスのレスラーたち(甲良町下之郷)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      民謡「江差追分」全国大会で決選
      「被災地に歌でエールを」

      20180923000145

       哀愁を帯びた旋律で知られる北海道の民謡「江差追分」の日本一の歌い手を決める全国大会の決..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、堂安がフル出場
      オランダ1部リーグ

      20180923000154

       【フローニンゲン(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグで23日、フローニンゲン..... [ 記事へ ]

      経済

      形そっくりビワイチ&アワイチ、連携してサイクリングPR

      20180923000137

       「琵琶湖」と「淡路島」。滋賀県守山市と兵庫県淡路県民局は、形が似ている二つのサイクリン..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」

      20180923000117

       滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]