出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

道路が陸上トラックに「変身」 京都、通行巡りトラブル

閉鎖され、陸上用トラックに整備された道(京都市右京区)
閉鎖され、陸上用トラックに整備された道(京都市右京区)

 「50年も使ってきた道が突然通れなくなった」。京都市右京区のある道の通行を巡り、近隣住民が不便を訴えている。京都学園中学・高校(同区)が所有する私道で、グラウンドの一部とするため、昨年閉鎖した。住民側は、道ができた経緯や長年の使用実態から、通行の権利を主張し、司法に判断を委ねた。

 問題の道は学園グラウンドの北側に接し、全長約90メートル、幅5メートル。学園所有の私道だが、市民も自由に通れる『位置指定道路』に1969年に市から指定された。以来、学園の東に隣接する住宅街の住民は、この道を長く生活道路として利用してきた。

 ところが昨年5月、学園が道の東西両端に鍵付きの門扉を設け、住民は通れなくなった。また、ごみ収集車や宅配のトラック、デイサービスの送迎車なども通れず、道の北側にある嵐電の踏切を渡るルートが混雑するようになり、事故の危険性が増しているという。

 閉鎖の理由を学園側は「新校舎建設に伴い、陸上部の練習場所がなくなる。道を陸上用走路に整備し、安全に練習できる場所を確保したい」と説明する。

 住民の女性(61)は、道の閉鎖に当たって「看板が出ただけで、住民への直接説明もなくふさがれた」といい、「学園には地域を一緒につくっていこうという気がないのか」と憤る。

 これに対し学園側は「看板で知らせただけだった点は申し訳なく思う」としつつ、「道は学園の所有で、位置指定道路の廃止手続きもきちんと行っており、違法な点はない」と強調する。

 住民側は、この道路の「通行権」があるとする根拠として、住宅街が元は学園の土地で、売却に伴い「住民の便益のためつくられた」と主張する。一方、学園側は、土地売買は事実としながら「なぜ位置指定道路になったのか文書などが残っていない。当時の経緯は不明で、通行権は無いと考えている」と反論する。

 学園は昨年5~7月に計3回、住民説明会を開いた。道の開放はせず妥協案を検討する構えだったが、住民側は「門の撤去」をまず求め、話し合うまでには至らず。昨年11月、学園が道の整備工事に踏み切り、尾瀬さんら住民4人は京都地裁に門の撤去などを求める仮処分を申し立てた。

 申し立て人の住民の1人、大町武司さん(66)は「住民との話が終わっていないのに、工事を進めたのは強引」とし、認められれば本訴も検討するという。学園側は「仮処分の結果を待ちたい」との姿勢で、裁判所の判断が注目される。

【 2018年01月27日 11時50分 】

ニュース写真

  • 閉鎖され、陸上用トラックに整備された道(京都市右京区)
  • 現場の地図
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      阪神2軍選手が避難所訪問
      岡山・真備、被災者と交流

      20180820000200

       プロ野球阪神の2軍選手ら35人が20日、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区の避..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ買春「非常に残念」
      OCA会長、処分は評価

      20180820000197

       【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長は20日、ジャカル..... [ 記事へ ]

      経済

      シドニーで和牛商談会
      豪向け輸出17年ぶり再開

      20180820000147

       【シドニー共同】オーストラリア向けの生鮮牛肉の輸出が17年ぶりに再開されたことを受け、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      花街文化に興味津々、親子で体験催し 京都・上七軒

      20180819000076

       京都の花街の文化を夏休みの子どもたちに知ってもらおうと、「親子で楽しむ花街文化」が18..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]