出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ペットも高齢化社会、増える老犬ホーム 業者ら協会設立

老犬ホーム協会に加盟し、「基準」以上のサービスを提供する施設。預けられた犬は室内や廊下を自由に動き、飼い主との面会もできる(京都市伏見区・老犬介護ホームろうたす)
老犬ホーム協会に加盟し、「基準」以上のサービスを提供する施設。預けられた犬は室内や廊下を自由に動き、飼い主との面会もできる(京都市伏見区・老犬介護ホームろうたす)

 飼えなくなった高齢ペットを預かる「老犬ホーム」の京都などの運営業者らがこのほど、全国組織「老犬ホーム協会」を設立した。飼育環境の共通基準を設けてサービスの質を保証するとともに、被災地で避難所に連れて行けなくなったペットの緊急受け入れ先として、行政との連携も目指す。

 医療環境やエサなどの向上によるペットの高齢化に伴い、介護や夜鳴きなどで飼い主の負担も増している。さらに、飼い主も高齢化し、入院や死亡などで飼い続けられなくなるケースも目立っている。

 そこで近年、預け先となる「老犬ホーム」が全国的に増え始めている。開設には第1種動物取扱業の届け出が必要だが、施設の飼育環境の詳細な基準はない。このため、民家やペットショップの一角でケージに入れておくだけなど、飼育環境の悪い施設も出始めており、業者内などから一定の基準作りを求める声が出ていた。

 今回、熊本県菊池市の老犬ホームが全国の施設に呼びかけ、京都や東京などの5施設が賛同し、協会を立ち上げた。協会加盟施設は▽1頭当たり飼養スペース1・6平方メートル以上▽健康状態に合わせた食事管理▽空調や防音施設整備▽職員1人に付き15頭以下▽飼い主への施設公開と面会対応-など共通基準を順守する。

 災害時に飼い主がペットを避難所に連れて行くのが困難なケースが多いため、協会加盟施設は一時的なペットの避難・保護施設として積極的に受け入も行う。

 協会としてホームページによる施設紹介や、加盟施設が経営破綻した場合に備え、預かり犬の飼育料も積み立てる。

 同協会の緒方心代表は「高齢ペットを手放す場合、里親を探してもなかなかみつからず、保健所での殺処分が後を絶たない。安心して預けられる選択肢として老犬ホームを広め、殺処分をなくしていきたい」としている。

【 2018年02月14日 08時40分 】

ニュース写真

  • 老犬ホーム協会に加盟し、「基準」以上のサービスを提供する施設。預けられた犬は室内や廊下を自由に動き、飼い主との面会もできる(京都市伏見区・老犬介護ホームろうたす)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、武藤は後半途中出場
      プレミアリーグ

      20180819000003

       【カーディフ(英国)共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグでニューカッスルの武藤..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]