出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

フィギュア宮原は「進化の途中」 恩師ら、称賛と期待

演技を終えた宮原知子選手に拍手を送る観客(江陵)
演技を終えた宮原知子選手に拍手を送る観客(江陵)

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で、宮原知子選手(19)=関西大2年、京都市中京区=が23日、ショートプログラムに続き、フリーでも自己ベストを塗り替えて4位入賞を果たした。こん身の演技で初の五輪を締めくくった日本のエースに関係者からは称賛の声が相次いだ。

 フィギュアの日本女子代表として1968年グルノーブル五輪に出場した同志社大出身の岡本(旧姓石田)治子さん(72)=大阪府箕面市=はドキドキしながら観戦したという。「けがを克服し、ここまでこられた宮原さんはさすが。跳びはねて喜んでいた浜田(美栄)コーチの気持ちが分かる。ショート、フリーともに完璧で、精いっぱいの演技だった」

 地元の京都からも喜びの声が上がった。府スケート連盟の山下透理事(56)=京都市=は、「京都の若手たちに勇気を与える演技だった」と感謝した。中でもステップやスピンは「世界クラスの評価を得てメダル争いに食い込んだ」とたたえ、「本人にとっても次につながる大会になったのではないか。これからも日本のフィギュア界を引っ張っていってほしい」と語った。

 宮原選手の高校の卒業論文は、銅メダリストの高橋大輔さんら五輪出場者の体験談をまとめた「オリンピックの魔物とは」だった。演技後、天を仰いで破顔した教え子に、中高で担任を務めた松村湖生教諭(42)=大阪府高槻市=は「しっかり準備して臨んだので、五輪の魔物を寄せつけなかったのでは」と話し、「最高の笑顔だった。記録を更新し、進化の途中。気持ちを切り替え、また成長した姿を見せてほしい」と今後の活躍に期待を寄せた。

【 2018年02月24日 09時33分 】

ニュース写真

  • 演技を終えた宮原知子選手に拍手を送る観客(江陵)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      人生ゲーム、初の全国大会
      発売50周年記念、115人参加

      20180922000111

       日本一の強運は誰だ―。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア紀平、シニア初戦でV
      オンドレイ・ネペラ杯

      20180923000011

       フィギュアスケートの国際大会のオンドレイ・ネペラ杯は22日、スロバキアのブラチスラバで..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多様な性、見て考えて 関西クィア映画祭開幕、京都は10月

      20180922000061

       性をテーマに国内外の作品を集めた「関西クィア映画祭」(実行委主催)が22日に大阪府豊中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府、遺伝子治療の実用化推進
      研究支援や規制緩和で

      20180922000109

       政府は22日までに、欧米でがんや難病の新しい治療薬として承認される例が相次いでいる遺伝..... [ 記事へ ]