出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

社説:森友学園文書 真相解明はこれからだ

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省は、決裁済み文書の書き換えを認めた。

 国会議員に提示した文書は偽物だったということになる。

 森友学園に国有地が大幅に値引きされて売却された疑いが浮上したのは昨年2月。その後の国会審議は偽文書を前提に進められていた。

 国会には、国民の負託を受け行政をチェックする役割がある。行政が偽文書を出せば、それは果たせない。国会を冒瀆(ぼうとく)し、民主主義の根幹を揺るがす行為だ。膨大な時間と国費も無駄になった。

 誰の指示でいつ、何のために行われたのか。真相を明らかにする必要がある。

 文書の国会提出当時の理財局長だった佐川宣寿氏は懲戒処分を受け、国税庁長官を辞任している。

 財務省は本省幹部や近畿財務局の担当職員の処分を検討している。麻生太郎財務相は「理財局の一部の指示」としているが、大臣の責任は重大だ。内閣を統括する安倍晋三首相も同様である。

 財務省の調査によると、国有地売買の決裁文書に添付した調書など14文書で書き換えがあった。

 2015年2月から16年6月にかけての5文書と、関連する14年6月~16年6月の9文書が書き換えられていた。入念な作業だったことがうかがえる。

 当初文書にある交渉の経緯や「本件の特殊性」といった文言が削除されていた。1ページ丸ごと削除された部分もあった。安倍首相夫人の昭恵氏や複数の政治家の名前も削除されていた。

 昭恵氏から「いい土地ですから前に進めてください」と言われたと森友側が発言していたことや、昭恵氏が森友学園を視察、講演したとの記述も消えていた。

 財務省は、佐川氏の国会答弁との整合性を図るためだったと説明している。もはや書き換えではなく、悪質な改ざんではないか。

 公文書の改ざんは最長で懲役10年の重罪だ。危険を冒して書き換える必要があったのはなぜか。

 安倍首相は問題発覚直後の国会で「私や妻が関わっていたら首相も国会議員も辞める」旨の答弁をした。この発言に合わせ昭恵氏らの名前を削除した可能性はないのか。

 存在しないはずの文書があった-。こうした問題は、陸上自衛隊の日報、加計学園に関する「総理のご意向」文書に続き安倍政権で3回目である。

 時々の都合で事実を改変してはならないことを、安倍政権は理解する必要がある。

【 2018年03月13日 08時45分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大分・姫島で「キツネ踊り」披露
      子どもたちが軽やかな舞

      20180814000172

       大分県・国東半島の沖に浮かぶ姫島(同県姫島村)で14日、「キツネ踊り」で知られる伝統の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      <龍谷大平安リポート>相手を想定、右投手を中心に打ち込み

      20180814000176

       龍谷大平安ナインは14日、京都市伏見区の専用グラウンドで、八戸学院光星(青森)との2回..... [ 記事へ ]

      経済

      トルコ、米電化製品ボイコット
      大統領が強硬姿勢

      20180814000166

       【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は14日、トルコが米国の電化製品を「ボイ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ゆらめく光、墓参静かに 京都で東大谷万灯会

      20180814000167

       大小約1万個の提灯が東山のふもとの墓地を照らす「東大谷万灯会」が14日、京都市東山区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      放課後児童や独居高齢者の「なかよし食堂」 京都・福知山

      20180814000040

       放課後に1人で過ごす子どもや独居の高齢者らの居場所を作ろうと、京都府福知山市のNPO法..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]