出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

16年ぶり新人争い 京都府知事選、2人が立候補

選挙カーから手を振って出発する西脇候補(写真左、22日午前9時5分、京都市下京区)と駆け付けた支援者と握手を交わす福山候補(22日午前9時、京都市中京区)
選挙カーから手を振って出発する西脇候補(写真左、22日午前9時5分、京都市下京区)と駆け付けた支援者と握手を交わす福山候補(22日午前9時、京都市中京区)

 任期満了に伴う京都府知事選(4月8日投開票)が22日告示され、いずれも新人で前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)、弁護士の福山和人氏(57)の2人が無所属で立候補を届け出た。4期務めた現職の山田啓二知事(63)が退任を表明したため、16年ぶりに新人による争いとなった。山田府政の評価を軸に、人口減少が進む府の将来像と政策の方向性を問う選挙となる。

 西脇候補は山田府政の「継承・発展」を掲げる。自民、民進、公明、立憲民主、希望の5党が推薦した。各党に経済団体、連合京都を加えた「活力ある京都をつくる会」が選挙母体。インフラ整備を生かしたまちづくり、子育て環境の充実などを訴える。

 福山候補は全面的な府政転換を強調せず、「変えるべきところは変える」として変革を主張する。共産党が推薦した。「民主府政の会」や市民団体などによる「つなぐ京都」を母体に活動する。貧困対策や中小企業支援の強化、原発再稼働反対を重点的に訴える。

 政党レベルでは、昨年10月の衆院選で対決した与野党が相乗りで西脇候補を支援し、福山候補を共産が推す構図。知事選では9回連続で「非共産対共産」となる。森友学園問題で与野党間の対立が強まる政治情勢がどう影響するかも注目される。

 両候補は22日朝、京都市内でそれぞれ出発式を行った。西脇候補は「新しい時代の京都づくりに挑む」と主張し、福山候補は「府民と一緒に新しい府政をつくる」と力を込めた。

◇京都府知事選立候補者◇(届け出順)

西脇 隆俊(にしわき たかとし)62無新 自民、民進、公明立民、希望推薦 前復興庁事務次官(国土交通省国土交通審議官、大臣官房長、総合政策局長、道路局次長、山形県総合交通課長)京都市下京区、東京大法学部卒

福山 和人(ふくやま かずひと)57無新 共産推薦 弁護士、日本労働弁護団幹事、自由法曹団常任幹事(京都弁護士会副会長、同会社会保障に関する委員会委員長)京都市左京区、立命館大法学部卒

=氏名、年齢、無は無所属、現新別、推薦政党(府議会勢力順)、職業・肩書(カッコ内は経歴)、現住所、最終学歴。敬称略。

【 2018年03月22日 15時00分 】

ニュース写真

  • 選挙カーから手を振って出発する西脇候補(写真左、22日午前9時5分、京都市下京区)と駆け付けた支援者と握手を交わす福山候補(22日午前9時、京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース