出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

シダレザクラ満開、春到来を満喫 京都御苑 

好天の下、満開のしだれ桜を楽しむ花見客ら(24日午後2時半、京都市上京区・京都御苑)
好天の下、満開のしだれ桜を楽しむ花見客ら(24日午後2時半、京都市上京区・京都御苑)

 京都市上京区の京都御苑で、早咲きのシダレザクラ(糸桜)が見頃を迎えている。春本番を思わせる陽気となった24日は、多くの市民や観光客が訪れ、淡いピンクの花びらに待ちわびた季節の到来を感じ取っていた。

 シダレザクラは、今出川御門近くの近衛邸跡の広場に数十本が植えられている。御苑内の桜の中でも特に早く開花するのが特徴で、一部は満開となっている。訪れた人たちは、地面近くまで伸びた枝に顔を近づけてかれんな花を眺めたり、写真に収めたりして楽しんでいた。

 京都地方気象台によると、京都市の24日の最高気温は17・4度(平年14・7度)まで上がった。今後1週間ほどは高気圧に覆われて暖かく、穏やかな天気が続く見込みだという。

【 2018年03月24日 23時20分 】

ニュース写真

  • 好天の下、満開のしだれ桜を楽しむ花見客ら(24日午後2時半、京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース