出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

理研のiPS創薬拠点が開所 関西学研都市、京大と連携

理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)
理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)

 理化学研究所は9日、iPS(人工多能性幹)細胞を使い、大学や企業と共同で新薬開発を進める「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」の開所式を、拠点が入居する関西文化学術研究都市の「けいはんなプラザ」(京都府精華町光台)で開き、施設を公開した。

 理研バイオリソース研究センター(BRC、茨城県つくば市)のサテライト拠点として整備された。BRCは患者約3千人から作成したiPS細胞を京都大iPS細胞研究所(CiRA)などから寄託され、管理と研究機関への提供をしている。

 iPS細胞創薬拠点は1日付けで設立し、チームリーダーとして井上治久・京大CiRA教授が就任した。アルツハイマー病や不整脈などの病態解析と新薬の開発や、薬の副作用として問題になっているけいれんなどが発作するかどうかをiPS細胞で予測する研究を、京大や東北工業大、信州大、企業などと進める。新薬開発と患者への提供までの時間を短縮して事業展開につなげるとともに、安全な薬剤開発を支える。

 式で理研の松本紘理事長は「CiRAや大学、企業と連携し、新しい創薬事業に貢献したい」と抱負を述べ、京大CiRAの山中伸弥所長は「大きなパートナーが(京大の)近くにできた。患者やご家族に一日も早く朗報を届けられることを願っている」と期待を寄せた。

【 2018年04月09日 22時50分 】

ニュース写真

  • 理化学研究所が開設したiPS細胞創薬基盤開発連携拠点の実験設備(京都府精華町光台・けいはんなプラザスーパーラボ棟)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      鷹の爪団でODAを紹介、外務省
      HPで5種類の動画を配信

      20180921000143

       外務省は21日、日本の政府開発援助(ODA)事業を紹介するため、人気アニメ「秘密結社 ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ岩田が首位浮上、池田2位
      ダイヤモンド杯第2日

      20180921000158

       ダイヤモンド・カップ第2日(21日・埼玉県武蔵CC笹井=7060ヤード、パー71)3季..... [ 記事へ ]

      経済

      就活日程、21年卒は維持有力
      6月解禁、学生不安に配慮

      20180921000139

       現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職活動で、採用面接の6月解禁などの現行..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      メルマガでもんじゅ後継機に異論
      原子力委の岡委員長

      20180921000124

       国の原子力委員会の岡芳明委員長が、廃炉作業が始まった高速増殖原型炉もんじゅの後継となる..... [ 記事へ ]