出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

交番で同僚に撃たれ?警官死亡 滋賀、逃走巡査の身柄確保

発砲があった河瀬駅前交番(11日午後10時35分ごろ、彦根市南川瀬町)
発砲があった河瀬駅前交番(11日午後10時35分ごろ、彦根市南川瀬町)

 11日午後8時45分ごろ、彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、同交番に勤務する井本光(あきら)巡査部長(41)が、頭と背中から血を流して倒れているのを同署員が発見した。井本巡査部長は同市内の病院に搬送されたが、午後10時過ぎに死亡した。傷痕から拳銃で撃たれたとみられる。当時一緒に勤務していた男性巡査(19)が行方不明になり、滋賀県警は、巡査が交番内で井本巡査部長を拳銃で撃った後、パトカーで逃走したとみて行方を追ったが、愛荘町内で身柄を確保した。

 県警によると、同日午後8時15分ごろ、同交番から南に約4・5キロ離れた愛荘町目加田の田んぼにパトカーが突っ込んで放置されているのが見つかった。110番通報があり、確認のために同署員がパトカーの配備先の同交番に向かったところ、井本巡査部長を発見した。交番の出入り口は施錠されていたという。井本巡査部長は机に突っ伏した状態で見つかり、後頭部と背中に傷があった。椅子に座った状態で背後から撃たれたとみられる。井本巡査部長の拳銃は交番にあり、実弾は全部残っていた。

 パトカーは巡査が乗り捨てた可能性があるという。県警は、巡査が最大で3発の実弾が入った拳銃を持って逃走しているとみて付近の住民に外出を控えるよう呼びかけた。

 県警の説明では、巡査は2017年4月に採用され、今年1月29日に彦根署に配属された。同交番は3人体制だが、11日午前8時半から井本巡査部長と2人で勤務に当たっていた。

【 2018年04月12日 01時50分 】

ニュース写真

  • 発砲があった河瀬駅前交番(11日午後10時35分ごろ、彦根市南川瀬町)
  • 発砲があった交番とパトカー発見現場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      鷹の爪団でODAを紹介、外務省
      HPで5種類の動画を配信

      20180921000143

       外務省は21日、日本の政府開発援助(ODA)事業を紹介するため、人気アニメ「秘密結社 ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ゴルフ岩田が首位浮上、池田2位
      ダイヤモンド杯第2日

      20180921000158

       ダイヤモンド・カップ第2日(21日・埼玉県武蔵CC笹井=7060ヤード、パー71)3季..... [ 記事へ ]

      経済

      関空、貨物便全面再開にまだ時間
      関西の主力、製造業へ影響続

      20180921000153

       関西空港の旅客便は21日、ほぼ通常の運航スケジュールに戻った。しかし、貨物の倉庫がある..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]