出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

インスタ着物女子「伝統は革新で斬新」 京都の図案家発信

着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)
着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)

 ウサギの耳のような髪形や口紅柄の西陣織の帯、ベルトの帯揚げにサスペンダー。ポップな和装の着こなしで注目を集める着物の女性図案家がいる。京都市北区の川原マリアさん(31)。写真共有アプリのインスタグラムのフォロワー(登録者)は、国内外で5千人を超える。「伝統は革新で斬新。日本のモードはここにある」と世界に向けて発信している。

 川原さんは長崎県出身。デザインの仕事に就きたいと考えていた20歳のころ、「世界に誇れる日本のデザインは着物」と考え、インターネットで探し当てた京都市内のデザイン会社で図案家に弟子入りした。「様式美が凝縮されている」とアンティーク着物に目覚め、自らの着姿をネットで紹介し始めた。

 写真家らの目に留まり、2014年にはJR東海の京都誘客キャンペーン「そうだ、京都、行こう。」の広告に着物姿で登場。16年にはインターネット上で資金を募るクラウドファンディングを元手に、着物の新しい魅力を発信する写真集も発行した。「写真なら1枚で着物の魅力を表現できる」と狙いを語る。

 昨秋には、オリジナルの着物ブランド「MICO PARADE(ミコパレード)」を立ち上げた。「着物を着たことがない人にも、ファッションとして面白い、着てみようかな、と思ってもらいたい」。口紅や夜景の柄の帯、アーガイル模様の着物などをデザインした。問屋でも図案家として働き、古典柄の帯をモダンな配色に変えている。

 図案家を目指す人は少なくないが、修行中は無給などの厳しい条件があるため、多くは辞めていくという。「いろんな人が参入すれば、和装の魅力が高まるはず。将来は自分の力で才能のある人を呼び込めるようになりたい」と夢を抱いている。

【 2018年04月13日 16時05分 】

ニュース写真

  • 着物をビスチェと合わせて着こなす川原さん。斬新なファッションセンスがインスタグラムで注目を集めている(川原さん提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      橋本健元市議が詐取認める
      政活費、懲役1年6月求刑

      20180921000097

       架空の領収書を提出するなどして政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、小祝ら5人が首位
      ミヤギテレビ杯第1日

      20180921000126

       ミヤギテレビ杯ダンロップ女子第1日(21日・宮城県利府GC=6534ヤード、パー72)..... [ 記事へ ]

      経済

      就活日程、21年卒は維持有力
      6月解禁、学生不安に配慮

      20180921000139

       現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職活動で、採用面接の6月解禁などの現行..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      メルマガでもんじゅ後継機に異論
      原子力委の岡委員長

      20180921000124

       国の原子力委員会の岡芳明委員長が、廃炉作業が始まった高速増殖原型炉もんじゅの後継となる..... [ 記事へ ]