出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

プラハに「わびさび」日本庭園 元宮内庁職員が再整備監修

川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)
川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)

 元宮内庁林園課専門職で、修学院離宮などの名庭を管理してきた川瀬昇作さん(64)=大津市=が、チェコで再整備される日本庭園の監修役を務めることになった。来日したプラハ市植物園の職員との打ち合わせも済ませ、「日本の庭園文化の素晴らしさを知ってもらいたい」と、2021年完成を目指して作業に入る。

 京都市西京区出身の川瀬さんは宮内庁に入り、仙洞御所や桂離宮などの名庭に携わってきた。退職後は「宮廷庭園研究所」を開き、庭の魅力を広めている。

 プラハ市植物園では、1997年に日本の植物を紹介するため、チェコ人の手で日本庭園が整備された。その後、本格的な日本の庭を目指して改修計画が浮上。プラハ市の姉妹都市である京都市が協力し、国土交通省の海外日本庭園修復モデル事業に採択され、監修役として川瀬さんに白羽の矢が立った。

 川瀬さんは、プラハ市植物園の日本庭園を昨年視察。プラハは湿度が低いため、池を設ける必要性を指摘し、松や竹などの植物は現地で手に入ることを確認した。改修では仙洞御所で有名な藤棚を設け、桜や梅で花見をできるようにする構想を練っている。

 先月にプラハ市植物園の幹部が打ち合わせで来日し、川瀬さんが京都迎賓館や京都御所、市洛西竹林公園などの庭を解説した。プラハ市植物園の職員は「茶室も設けて茶会も開きたい。手本となる日本庭園を造れば、日本文化をプラハでより知ってもらえるようになる」と期待する。

 6月にも再びプラハへ向かう川瀬さんは「日本庭園の『わびさび』の世界を表現したい。プラハの人に日本の庭園文化を理解してもらい、さらに交流が深まればいい」と話している。

【 2018年04月17日 11時47分 】

ニュース写真

  • 川瀬さんの監修で本格的な日本庭園への再整備が予定されるプラハ市植物園の日本庭園(チェコ・プラハ市)
  • 来日したプラハ市植物園の職員に日本庭園について解説する川瀬さん(右)=3月29日、京都市西京区・市洛西竹林公園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      鷹の爪団でODAを紹介、外務省
      HPで5種類の動画を配信

      20180921000143

       外務省は21日、日本の政府開発援助(ODA)事業を紹介するため、人気アニメ「秘密結社 ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      D9―1中(21日)
      DeNAが3連勝

      20180921000184

       DeNAが3連勝。一回にソトの中犠飛で同点とし、二回は桑原の本塁打で勝ち越した。四回は..... [ 記事へ ]

      経済

      東北全域ローソンで金足農のパン
      秋田県内の限定販売が拡大

      20180921000182

       ローソンは21日、夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田市)と共同開発した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]