出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の3姉妹、伸ばした髪寄付 医療用かつら「人の助けに」

(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ

 病で髪を失った子どもへの医療用かつら用に髪を寄付するため、京都市伏見区の3姉妹が、30センチ以上伸ばした髪を切った。闘病経験がある長女の「困っている人の助けになれば」という思いに、妹たちも賛同した。

 高校1年の藤枝樹亜(じゅあ)さん(15)、小学4年の樹(いつき)さん(10)、同1年の夏樹(なつき)さん(6)。2014年まで、家族でベトナムに住んでいた。樹亜さんは日本人学校6年だったとき、寄付された毛髪でかつらを作る「ヘアドネーション」のことをニュースで知った。

 その後、樹亜さんはウイルス性の病に倒れて1カ月間の入院後に帰国し、車いすでの生活を送る。「しんどい経験をしたこともあって、人の助けになりたいと思った」と樹亜さん。中学1年の夏、伸ばし続けた髪を切って、初めて寄付した。再び髪が伸びると「次は3人で寄付しよう」と呼びかけ、樹亜さんを慕う妹たちもうなずいた。

 同区の美容室で、3人の髪は束に分けられて切られ、肩までのショートカットになった。「切った理由を聞かれたら、友だちにヘアドネーションのことを宣伝できる」。樹亜さんがうれしそうに話した。

 ヘアドネーションは、大阪市のNPO法人「JHD&C(ジャーダック)」が始め、これまで259人の子どもたちに医療用かつらを贈っている。府内では活動に賛同する理美容室が85店ある。

【 2018年04月17日 17時46分 】

ニュース写真

  • (上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      橋本健元市議が詐取認める
      政活費、懲役1年6月求刑

      20180921000097

       架空の領収書を提出するなどして政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、小祝ら5人が首位
      ミヤギテレビ杯第1日

      20180921000126

       ミヤギテレビ杯ダンロップ女子第1日(21日・宮城県利府GC=6534ヤード、パー72)..... [ 記事へ ]

      経済

      就活日程、21年卒は維持有力
      6月解禁、学生不安に配慮

      20180921000139

       現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職活動で、採用面接の6月解禁などの現行..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      メルマガでもんじゅ後継機に異論
      原子力委の岡委員長

      20180921000124

       国の原子力委員会の岡芳明委員長が、廃炉作業が始まった高速増殖原型炉もんじゅの後継となる..... [ 記事へ ]