出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ゆかいなオオサンショウウオ目白押し 京都水族館がコラボ展

イラストレーターのぬまがさワタリさんが書き下ろしたイラスト解説が並ぶ会場(京都市下京区・京都水族館)
イラストレーターのぬまがさワタリさんが書き下ろしたイラスト解説が並ぶ会場(京都市下京区・京都水族館)

 生物のユニークな生態を紹介するイラストレーターのぬまがさワタリさんとコラボレーションした企画展が27日から、京都市下京区の京都水族館で始まる。ぬまがささんが書き下ろしたオオサンショウウオのイラスト解説をはじめ、メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)など近縁の10種の生物の展示や、限定のオオサンショウウオのスイーツも登場する。

 9月9日が「オオサンショウウオの日」として認定された記念企画。ずんぐりとした体形のオオサンショウウオが体を丸めると、数字の「9」に似ていることにちなんだ。発売10日で10万部が売れた人気の「ゆかいないきもの図鑑」の作者ぬまがささんとコラボレーションし、世界最大級の両生類で、国の天然記念物に指定されているオオサンショウウオの生態を紹介している。

 京都水族館ではオオサンショウウオ20頭を飼育している。企画展では、在来種のアカハライモリをはじめ、メキシコサラマンダーなど海外の両生類も展示。イラスト解説はオオサンショウウオが魚を捕食する様子や、過去に移入された中国産の外来種との交雑が進み、純粋な在来種の生息数が激減している現状も伝えている。

 企画展「なんかへんないきもの~オオサンショウウオのゆかいななかまたち~」は6月29日まで。期間中、各日20食限定でオオサンショウウオのマシュマロが乗ったスムージーも販売する。要入館料。

【 2018年04月26日 17時45分 】

ニュース写真

  • イラストレーターのぬまがさワタリさんが書き下ろしたイラスト解説が並ぶ会場(京都市下京区・京都水族館)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース