出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

実態解明につながる可能性 京都府が強制不妊手術の資料公開

昭和33年3月15日付で京都府が受け付けた優生手術申請書。精神科の医師からで、申請理由には「公益上遺伝疾患を防止するため優生手術を行ふ」とある
昭和33年3月15日付で京都府が受け付けた優生手術申請書。精神科の医師からで、申請理由には「公益上遺伝疾患を防止するため優生手術を行ふ」とある

 京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区、旧総合資料館)は21日、府が旧優生保護法に基づき強制的に不妊手術や断種した人のうち、個人名を記載した資料の公開を始めた。1958年度に手術された12人分の優生手術申請書や府優生保護審議会資料などが開示され、疾患名などが明らかになった。個人名や年齢、申請した医師、手術を行った病院や入院施設などは非開示だが、今後の賠償や実態解明につながる資料となる可能性がある。

 公開したのは、同年度の「強制優生手術関係綴(つづり)」など5冊。保存期限は過ぎていたが、未整理文書として保存されていたことが4月上旬に分かった。

 同綴は、手術に至る経過や診断結果などを個別に記している。57年10月29日に統合失調症(実際の表記は現在用いない「精神分裂症」)で「仕事をせず徘徊(はいかい)する」などと診断された男性は、翌30日、精神科医によって手術を申請された。5月、府優生保護審査会が手術を「適」と判断し、7月に断種させられた。

 強制手術の根拠となった疾患では、統合失調症が最多の6人で、知的障害が5人、てんかんが1人。男性7人、女性5人だった。

【 2018年05月22日 07時28分 】

ニュース写真

  • 昭和33年3月15日付で京都府が受け付けた優生手術申請書。精神科の医師からで、申請理由には「公益上遺伝疾患を防止するため優生手術を行ふ」とある
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      小泉進次郎氏、石破氏へ投票
      「健全な批判勢力必要」

      20180920000035

       自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は20日昼、党総裁選で石破茂元幹事長に投票すると表明した..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エンゼルス大谷、3打数1安打
      アスレチックス戦

      20180920000092

       ▽アスレチックス―エンゼルス(19日・オークランド) エンゼルスの大谷は「4番・指名打者..... [ 記事へ ]

      経済

      北電、苫東火力を報道陣に公開
      順調運転を強調

      20180920000078

       北海道電力は20日、北海道の地震で停止し、全域停電(ブラックアウト)の原因になったとさ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      青春の終わり、生々しく 映画「きみの鳥はうたえる」22日から

      20180919000115

       夏が終わり、季節の移ろう今にぴったりの映画が「きみの鳥はうたえる」だろう。20代半ばの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]