出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

LINE、京都に開発拠点開設 IT人材の獲得激化

「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)
「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)

 無料通信アプリのLINEは13日、東京、福岡に続く国内3カ所目の技術開発拠点「LINE KYOTO」を京都市下京区のビルに開設した。学生が多く、外国人の人気も高い京都で多くのIT人材を確保し、スマートスピーカー向けをはじめとした新サービスの開発を加速させる狙いだ。京都市内には、ほかにも大手企業の拠点が相次いで進出しており、人材獲得競争が激化しそうだ。

 「開発者の感性や能力がサービスの開発に大きな影響をもたらす。1人でも(多くの)優秀な人に入っていただきたい」。LINEの出澤剛社長は同日、表敬訪問した京都市役所(中京区)で会見し、京都進出の目的が技術者の採用にあることを明らかにした。

 出澤社長が京都の利点に挙げたのは学生の多さだ。「優秀な大学が集積している。即戦力の学生に最先端の開発に触れてもらうなど、成長の機会を提供したい」と述べ、IT技術者を目指す学生にラブコールを送った。

 外国人を引きつける街の魅力も決め手になった。「海外エンジニアの間で京都は人気がある。1千人以上のエントリー(社員への応募)があるが、80%は外国人」(出澤社長)。実際、京都の拠点開設で採用した10人中7人が外国人という。

 今春に採用され、京都の拠点で働く坂田亘さん(26)は京都大情報学研究科の出身。所属研究室がLINEの共同研究先だった縁で入社したという。「会社に入った後も母校との共同研究に携われるのが良い」と話す。

 LINEは現在18人の京都の人員を早期に100人規模に増やす。新たなオフィスも探しているという。出澤社長は「最初はスマートスピーカーのサービスを開発するが、100人規模になると総合的サービスになる。京都から世界に羽ばたくサービスをつくりたい」と語った。京都を訪れる外国人観光客の需要を見込み、電子決済やシェアサイクリングなどにも前向きな姿勢を示した。

【 2018年06月13日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「LINE KYOTO」のオフィス。外国人のスタッフが日本人よりも多い(13日、京都市下京区)
  • 「LINE KYOTO」の狙いについて説明する出澤社長(右)=京都市下京区

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      01年以来の4強ならず 近江、2点スクイズ逆転サヨナラ

      20180818000162

       第100回全国高校野球選手権第14日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]