出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ロボットで琵琶湖底の遺跡地図 滋賀のNPO作成へ

湖底遺跡の撮影に使用する水中ロボット「ほばりん」=海上技術安全研究所撮影
湖底遺跡の撮影に使用する水中ロボット「ほばりん」=海上技術安全研究所撮影

 大津市の認定NPO法人「びわ湖トラスト」などは26日から、滋賀県長浜市湖北町沖にある葛籠尾崎(つづらおざき)湖底遺跡の地図作りに乗り出す。水深70~80メートルの湖底にある遺跡には、縄文時代から平安時代にかけての土器が沈んでいることが知られており、遺物の分布を明らかにする初の試みになる。

 日本財団の支援を受け、同法人が国立研究開発法人の海上技術安全研究所(東京都三鷹市)と共同で調査する。同研究所のホバリング型水中ロボット「ほばりん」を使い、葛籠尾崎沖約500メートル付近で、約9万平方メートルの湖底を写真撮影して遺物の数や分布状況を調べる。緯度経度や深度も測定し、撮影した写真を貼り合わせて地図化する。

 同遺跡では昨年末、立命館大グループが7世紀ごろの土器の水中撮影に成功した。同大学上席研究員でもあるびわ湖トラストの熊谷道夫事務局長は「なぜ千年以上前の遺物が、壊れたり、埋もれたりすることなく沈んでいるのか。地図化は謎を解く手がかりになるかも」と期待を寄せる。

 6日間の調査のうち、6月30日と7月1日に小学5年以上の学生見学者を2~3人募集する。希望者は22日正午までに同法人ホームページかファクス077(572)7265で申し込む。

【 2018年06月21日 11時20分 】

ニュース写真

  • 湖底遺跡の撮影に使用する水中ロボット「ほばりん」=海上技術安全研究所撮影
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      成田空港でシステム障害
      搭乗手続き、欠航や遅延も

      20180918000079

       18日午前11時50分ごろ、成田空港の第2ターミナルで、搭乗手続きに関係するシステムに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーACL、鹿島が初の4強
      天津権健下す

      20180918000175

       【マカオ共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、マカオでホーム..... [ 記事へ ]

      経済

      和洋酒売り場拡張、京都の百貨店最大級に JR伊勢丹

      20180918000088

       ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は11月7日、京都の百貨店で最大級となる和洋酒の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

      20180918000091

       琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]