出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「どう喝」調書、証拠から撤回 滋賀県警作成、大津地裁

 4月に大津地裁で開かれた殺人未遂事件の裁判員裁判で、滋賀県警の取り調べが「どう喝に準ずる」として、検察側が証拠提出した警察官調書を一部撤回していたことが9日、関係者への取材で分かった。取り調べは録音・録画されており、可視化された証拠書類の不採用は珍しいという。

 この公判は、昨年4月に長浜市の大型量販店で母子をナイフで刺したとして殺人未遂などの罪で起訴された女の裁判員裁判(懲役11年の判決が確定)。弁護側が証拠請求し、4月に行われた審理で取り調べのビデオ映像が流れた。

 関係者によると、映像には、男性警察官が「こうやったんやろ」と大声で話し、女が何も証言しないにもかかわらず、パソコンで調書を作る様子が映っていたという。

 伊藤寛樹裁判長は「威圧し、どう喝に準ずるほどの言葉で、警察官が欲する答え以外の供述をするのが著しく困難だった」と指摘し、検察側は証拠提出していた警察官調書を一部撤回。地裁は、検察官調書も証拠採用しなかった。

 県警は「判決が確定しており、コメントは控える」としている。日弁連可視化本部事務局次長の遠山大輔弁護士(京都弁護士会)は「警察のストーリーを押しつける取り調べの本質は変わっていないことを示しており、防止には弁護人の立ち会いが必要」と話している。

【 2018年07月09日 23時22分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      聖火リレー、非公開でルート審議 滋賀県「中身言えない」

      20180925000184

       2020年東京五輪の聖火リレーで滋賀県内を通るルート案を協議する県実行委員会が25日に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中4―7ヤ(25日)
      ヤクルトが逆転勝ち

      20180925000220

       ヤクルトが逆転勝ちで3連勝を飾った。2―4の九回1死二、三塁から大引と坂口の適時打で追..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、自動車関税の凍結主張
      米は貿易赤字削減要求、閣僚級

      20180925000165

       【ニューヨーク共同】日米両政府は米ニューヨークで25日朝(日本時間25日夜)、茂木敏充..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      11月に新開場、南座に櫓上がる 京都、大提灯も新調

      20180925000195

       耐震改修のため3年近く休館している南座(京都市東山区)が、11月1日初日の顔見世で新開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]