出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「どう喝」調書、証拠から撤回 滋賀県警作成、大津地裁

 4月に大津地裁で開かれた殺人未遂事件の裁判員裁判で、滋賀県警の取り調べが「どう喝に準ずる」として、検察側が証拠提出した警察官調書を一部撤回していたことが9日、関係者への取材で分かった。取り調べは録音・録画されており、可視化された証拠書類の不採用は珍しいという。

 この公判は、昨年4月に長浜市の大型量販店で母子をナイフで刺したとして殺人未遂などの罪で起訴された女の裁判員裁判(懲役11年の判決が確定)。弁護側が証拠請求し、4月に行われた審理で取り調べのビデオ映像が流れた。

 関係者によると、映像には、男性警察官が「こうやったんやろ」と大声で話し、女が何も証言しないにもかかわらず、パソコンで調書を作る様子が映っていたという。

 伊藤寛樹裁判長は「威圧し、どう喝に準ずるほどの言葉で、警察官が欲する答え以外の供述をするのが著しく困難だった」と指摘し、検察側は証拠提出していた警察官調書を一部撤回。地裁は、検察官調書も証拠採用しなかった。

 県警は「判決が確定しており、コメントは控える」としている。日弁連可視化本部事務局次長の遠山大輔弁護士(京都弁護士会)は「警察のストーリーを押しつける取り調べの本質は変わっていないことを示しており、防止には弁護人の立ち会いが必要」と話している。

【 2018年07月09日 23時22分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース