出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東本願寺、猛暑対策で「打ち水」 放水設備活用、約2度下がる

放水銃などの防火設備で「打ち水」をする東本願寺の御影堂(27日午後5時8分、京都市下京区)
放水銃などの防火設備で「打ち水」をする東本願寺の御影堂(27日午後5時8分、京都市下京区)

 真宗大谷派本山・東本願寺(京都市下京区)は27日、猛暑対策として防火用放水設備(ドレンチャー)を使った大規模な「打ち水」を境内で初めて実施した。水のシャワーが御影堂(ごえいどう)を包み込み、涼しげに屋根から水を滴らせる建物に参拝者が見入った。

 京都市内は猛暑日が続き、同寺では参拝者のために建物内で扇風機を設置している。だが、効果は限定的なため、伝統的な避暑の知恵である「打ち水」を境内で取り入れることにした。夕刻に試験的に放水を実施したところ、翌朝に2度ほど気温が下がる効果があったという。

 午後5時すぎ、屋根部分の防火用放水設備から一斉に水が噴き出し、御影堂が水煙に包み込まれた。初日は特別に放水銃も使用され、約5分間たくさんの水がまかれると、夕立の後のように境内に涼しい風が吹き抜けた。同寺は「朝と夕方のどちらが効果があるかなど試行錯誤しながら今後もしばらく続けていきたい」としている。

【 2018年07月27日 20時32分 】

ニュース写真

  • 放水銃などの防火設備で「打ち水」をする東本願寺の御影堂(27日午後5時8分、京都市下京区)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース