出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

患者自身の抗体、発症の一因 自己免疫性膵炎で京大グループ解明

 国の指定難病「自己免疫性膵(すい)炎」の原因の一端が分かった、と京都大の研究グループが8日、発表した。患者本人の抗体が、膵臓の細胞周辺にある特定のタンパク質を攻撃していることを突き止めた。新しい診断法や治療法の開発につながる成果として、米科学誌に9日、掲載される。

 自己免疫性膵炎の患者は国内で推定5千~1万人。患者本人の免疫システムの異常で膵臓がはれ、肝硬変や糖尿病を引き起こすほか、画像診断で似た症状の膵臓がんと誤診され手術されるケースがある。2014年に難病指定され、発症の仕組みは不明だった。

 千葉勉名誉教授らは、患者から抽出した抗体を投与したマウスで、ヒトと同様の膵炎が発症することを確認。抗体が、膵臓内の細胞の周辺組織で接着剤的な役割を持つタンパク質「ラミニン511」を攻撃すること突き止めた。このタンパク質の抗体を人工的に作らせたマウスも膵炎を発症した。

 患者51人中26人がラミニン511の抗体を持っており、患者自身の抗体がこのタンパク質を攻撃することが、発症の原因の一つだと結論づけた。千葉名誉教授は「この抗体の有無が新しい診断基準になり得る。現在はステロイド治療しかないが、副作用の少ない治療法の開発にもつながる」と期待する。

【 2018年08月09日 03時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      露店爆発、犠牲者を追悼 京都・福知山

      20180816000175

       3人が死亡した京都府福知山市の露店爆発事故の犠牲者追悼法要が16日、同市中ノの市厚生会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      吉川投手、大リーグ挑戦の意向
      社会人パナから日本プロ経ず

      20180817000003

       社会人野球パナソニックの吉川峻平投手(23)が米大リーグ挑戦の意向を持っていることが1..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大文字から点火、故人しのぶ 京都で「五山送り火」

      20180816000186

       お盆に迎えた先祖の霊を送る「五山送り火」が16日夜、京都市内の各山で営まれた。午後8時..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パーキンソン病の薬候補を発見
      東大、既存薬から

      20180817000001

       脳の神経細胞が減少し、手足の震えや歩行障害が起きるパーキンソン病の治療薬候補として、現..... [ 記事へ ]