出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

桜名所の京都・背割堤、台風で多数倒木 被害200本超

台風21号の暴風で倒れた桜の木(6日午前10時、八幡市・淀川河川公園背割堤地区)
台風21号の暴風で倒れた桜の木(6日午前10時、八幡市・淀川河川公園背割堤地区)

 桜の名所として全国に知られている京都府八幡市の淀川河川公園・背割堤地区の桜並木が、台風21号の暴風で多数倒れたことが6日、明らかになった。公園を管理する国土交通省淀川河川事務所(大阪府枚方市)が危険な木を除去する作業を進めており、並木の修復に向けて対応策を検討する。

 背割堤地区は木津川、宇治川、桂川の三川合流地にあり、木津川と宇治川に挟まれた堤防約1・4キロに241本の桜がアーチを作るように連なる。

 淀川河川事務所によると、4日に京都府などを襲った台風21号の暴風で、根元から抜けて倒れた木を15本、太い幹が裂けたり折れたりした木を12本確認した。他に200本以上の木に枝が折れるなどの被害があり、「健全な桜がないような状況」という。桜の木は1978年から植えられ始めたが、これほど多くの倒木は初めてという。

 八幡市消防本部の計測で、4日の市内の最大瞬間風速は49・2メートルだった。

 背割堤地区は、桜のシーズンに毎年40万人が訪れる全国有数の人気花見スポット。同事務所は公園を4日から閉鎖しており、「危険なので中には入らないようにしてほしい」としている。

【 2018年09月06日 18時38分 】

ニュース写真

  • 台風21号の暴風で倒れた桜の木(6日午前10時、八幡市・淀川河川公園背割堤地区)
  • 約1・4キロに渡って満開の花がトンネルのように連なった淀川河川公園背割堤地区の桜並木(3月31日撮影、八幡市八幡・さくらであい館展望塔より)
  • 多数の倒木被害があり、枝が散乱する背割堤地区の桜並木(6日午前11時10分、八幡市・「さくらであい館」の展望塔から)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース