出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

花の天井、極彩色の美 京都・平岡八幡宮で秋の特別拝観

佐々木宮司から説明を聞き、花の天井を見上げる参拝者(京都市右京区・平岡八幡宮)
佐々木宮司から説明を聞き、花の天井を見上げる参拝者(京都市右京区・平岡八幡宮)

 京都市右京区梅ケ畑の平岡八幡宮で7日、本殿の天井に描かれた「花の天井」秋の特別拝観が始まった。四季折々の花々に、参拝者が見入っている。

 花の天井は、極彩色で描かれたツバキやボタンなど44枚の絵が、本殿の天井を埋め尽くしている。

 この日は佐々木俊輔宮司が参拝者を案内し、描かれている花の解説や足利義満とのつながり、数年前に実施した障壁画の修復などについて説明した。

 福岡県から訪れた観光客(49)は「花が好きなので来た。宮司から教わった歴史が面白かった」と話した。

 12月2日までの午前10時~午後4時。9月30日、10月6~8日は休み。拝観料が必要(小学生以下無料)。

【 2018年09月10日 16時10分 】

ニュース写真

  • 佐々木宮司から説明を聞き、花の天井を見上げる参拝者(京都市右京区・平岡八幡宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース