出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

観光客、宿泊税知らず戸惑い 京都市で徴収スタート

旅館に掲示された宿泊税導入を知らせるポスター(1日午前9時45分、京都市中京区柳馬場通六角下ル・綿善旅館)
旅館に掲示された宿泊税導入を知らせるポスター(1日午前9時45分、京都市中京区柳馬場通六角下ル・綿善旅館)

 京都市内の宿泊施設の利用者に課税する「宿泊税」が1日、スタートした。市が宿泊料金に応じて1人当たり200円~千円を徴収し、観光客の受け入れ体制整備や混雑対策に充てる。一方、この日にチェックインした利用者からは「(導入を)知らなかった」と戸惑う声も聞かれた。観光客への周知徹底と「税逃れ」を防ぐための違法民泊の捕捉が課題となる。

 市は、民泊を含む約3千の宿泊施設に税額や使途を4カ国語で説明したチラシやリーフレットなどを事前配布した。さらに9月には全国の主要13駅にポスターを掲示したが「観光客に十分周知できているかは未知数」(税制課)という。

 1日午後、中京区のゲストハウスにチェックインした会社員岡村雅さん(34)=香川県坂出市=は「宿泊税のことはチェックインの時に初めて聞いた。市民生活の改善のために使われるならいいことだし、喜んで協力したい」と話した。

 一方、旅館業法などの許可を受けずに隠れて営業する「ヤミ民泊」の利用者からは徴収が難しいため、不公平感が生じる。市によると、ヤミ民泊の利用者は2017年に110万人に上るとみられることから、市は営業実態の把握を急ぎ、確認次第、徴収に乗り出すとしている。

 宿泊税は、宿泊施設が修学旅行生を除く利用者から徴収し、市に納める。課税額は、1泊料金2万円未満が200円、2万円以上5万円未満が500円、5万円以上が千円。市は税収を本年度が19億円、来年度以降は年間45億6千万円と見込み、混雑解消に向けた観光案内標識の増設や観光エリアの無電柱化など25事業に充てる。

【 2018年10月02日 11時30分 】

ニュース写真

  • 旅館に掲示された宿泊税導入を知らせるポスター(1日午前9時45分、京都市中京区柳馬場通六角下ル・綿善旅館)
  • 京都市の宿泊税
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース