出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都国際、福知山成美が決勝進出 秋季京都府高校野球大会

京都国際-龍谷大平安 2回裏京都国際2死二、三塁、中村が右前に2点適時打を放ち、6-5と逆転する(わかさスタジアム京都)
京都国際-龍谷大平安 2回裏京都国際2死二、三塁、中村が右前に2点適時打を放ち、6-5と逆転する(わかさスタジアム京都)

 秋季京都府高校野球大会は7日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合を行い、京都国際が7-6で龍谷大平安に競り勝った。京都国際は初の決勝進出。福知山成美は9-5で京都外大西を破った。京都国際と福知山成美は近畿大会(20日開幕・ほっともっとフィールド神戸)出場を決めた。

 京都国際は初回に5失点したが、直後に1点を返し、二回は5長短打などで5点を奪って逆転した。同点に追い付かれた八回には一死二塁から相手投手の暴投で勝ち越した。福知山成美は1点を追う六回に佐藤の走者一掃の左翼線二塁打などで一挙5点を挙げた。

 決勝は8日正午から、勝てば近畿大会出場権を得る3位決定戦は同日午前9時半から、いずれも同球場で行う。

【 2018年10月07日 23時27分 】

ニュース写真

  • 京都国際-龍谷大平安 2回裏京都国際2死二、三塁、中村が右前に2点適時打を放ち、6-5と逆転する(わかさスタジアム京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース