出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

サンガ3連勝ならず 大分に逆転負け、19位変わらず

 サッカーJ2の第36節は7日、大分銀行ドームほかで5試合を行い、京都サンガFCは1-2で大分に逆負けした。3連勝はならず、勝ち点34で19位のまま。大分は得失点差で首位に浮上した。

 サンガは前半6分、こぼれ球に反応したカイオがボレーシュートを決めて先制。しかし13分、ゴール前のクリアミスから大分の小手川に同点ゴールを許し、後半21分に勝ち越された。

 松本は愛媛と0―0で引き分け、勝ち点66とした。福岡は岡山と1―1で同61。大宮は水戸に逆転勝ちして同60に伸ばし、東京Vは甲府に敗れ、同60のままだった。

【 2018年10月07日 21時55分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース