出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都御苑東に最高級マンション 京阪不動産、最高は4億円超

京阪電鉄不動産が分譲する高級マンション「ザ・京都レジデンス御所東」の外観イメージ
京阪電鉄不動産が分譲する高級マンション「ザ・京都レジデンス御所東」の外観イメージ

 京阪電鉄不動産(大阪市)は、京都市上京区の京都御苑東側で、最高級のマンションを開発する。分譲価格は半数が1億円以上の「億ション」で、最高は4億円超。13日から一般販売を始める。

 マンションは「ザ・京都レジデンス御所東」。地上5階、地下1階の全44戸で、住戸の広さは53~197平方メートル。来年2月の完成を見込む。

 京都ホテルオークラ(中京区)と初めて提携し、派遣されたスタッフが来客対応や荷物預かり、飲食店予約といったサービスを提供する。掃除や買い物などの家事代行サービスも利用できる。

 1坪(3・3平方メートル)当たりの平均分譲単価は530万円で、1995年以降では京都市内で最高という。すでに40戸が契約済みといい、残る4戸を一般販売する。価格は1億500万~1億5700万円。

【 2018年10月12日 08時49分 】

ニュース写真

  • 京阪電鉄不動産が分譲する高級マンション「ザ・京都レジデンス御所東」の外観イメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース