出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

遺伝性乳がんの仕組み解明、京大、リスク測定に期待

 がん抑制遺伝子の一つ「BRCA1」が欠損した乳腺や卵巣では、女性ホルモンがDNAを切れた状態にしやすくなってがんのリスクを高めることが分かったと、京都大のグループが22日発表した。がんのリスクを測定する方法に活用できる可能性がある。成果は米科学アカデミー紀要に23日掲載する。

 国内では遺伝性の乳がんは年間数千人、卵巣がんの患者は同約1000人新たに見つかり、それぞれのがん患者全体の3~10%を占める。BRCA1の変異があった米人気女優アンジェリーナ・ジョリーさんは、予防のため乳房や卵巣と卵管を摘出したことで知られる。しかしBRCA1の変異ががんを発症させる仕組みはよく分かっていなかった。

 医学研究科の武田俊一教授や笹沼博之准教授、医学部6年の森本俊さんらは、BRCA1を働かなくしたヒトの乳がん細胞を作製。妊娠中の女性と同じ血中濃度となるように女性ホルモン「エストロゲン」を投与すると、細胞内の遺伝子の集まりである染色体の多くが切断されたままになった。細胞を解析すると、BRCA1は本来、エストロゲンによって切断された染色体の修復を促す働きがあると分かった。笹沼准教授は「BRCA1の変異とがんの関係をさらに詳細に解明すれば、発がんの確率を予測できるようになって治療に役立てられるはず」と話す。

【 2018年10月23日 09時45分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース