出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

アニメと神道の関わり考える 「バガボンド」題材に京都でシンポ

漫画と神道をテーマに開かれたシンポジウム(京都市下京区・キャンパスプラザ京都)
漫画と神道をテーマに開かれたシンポジウム(京都市下京区・キャンパスプラザ京都)

 アニメや漫画と神道の関わりを考えるシンポジウム「アニメのカミ 若者文化と神道」が27日、京都市下京区のキャンパスプラザ京都で開かれた。3人の専門家が講演し、アニメが表現する世界観を論じた。

 関西大のアレキサンダー・ベネット教授は「アニメと武道」と題して講演。「武道を扱う漫画の多くが死生観や倫理、正義について語る傾向がある」と指摘。人気漫画「バガボンド」を題材に選び「日本の古くからのアニミズム的な精神世界や伝統文化を表現することで、現代の読者に受け入れられている」と述べた。

 シンポジウムはNPO法人神道国際学会が、毎年秋に開き、18回目。約60人が参加した。

【 2018年10月28日 08時16分 】

ニュース写真

  • 漫画と神道をテーマに開かれたシンポジウム(京都市下京区・キャンパスプラザ京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース