出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ヨガと体操で産前・産後の女性支援 「リフレッシュして」

産後の母親(手前)とヨガをする冨田さん=宮津市波路のマ・ルート
産後の母親(手前)とヨガをする冨田さん=宮津市波路のマ・ルート

 妊娠や出産に伴う体の不調に悩むお母さんたちを支援しようと、京都府宮津市に住む理学療法士でヨガインストラクターの女性が、産前・産後の女性を対象にした体操教室を始めた。自身の妊娠期に苦労した経験がきっかけで、女性は「妊婦さんや子育て中のママさんたちに気軽に来てもらい、リフレッシュしてほしい」と話している。

 冨田えりかさん(31)=同市波路。現在2歳になる長女の妊娠や出産を通して、産前と産後の体のケアについて考えるようになった。今年1月に夫の仕事の関係で宮津に移住してからは「妊娠中は体の痛みを覚えても、妊婦ということで整体を断られた」という周囲の声も聞いた。

 そんな母親たちの不安を解消できればと、病院でリハビリテーション医療に携わっていた経験を生かし、今年9月に府内でも珍しいママ専門の体操教室「Tiare(ティアレ)」をオープンした。

 現在は週1~2回、市内の福祉施設「マ・ルート」や、スポーツ施設「TBCスポーツラボ」で教室を開く。ヨガと体操を組み合わせたコースやマンツーマンで全身をケアするメニューなどがある。5カ月の長男と参加した女性(33)は「自分がしんどいと子どもにも影響する。体を動かすとストレスが軽減されて、リラックスできる」と喜ぶ。

 冨田さんは「心の不安や体の疲れを解消してもらい、幸せな気持ちで出産や子育てをしてほしい」と願う。

 予約制。教室の時間や場所はティアレのホームページに掲載している。メールアドレスlepd25nc@gmail.com

【 2018年11月03日 19時02分 】

ニュース写真

  • 産後の母親(手前)とヨガをする冨田さん=宮津市波路のマ・ルート
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域のニュース

    全国のニュース