出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新主将、雪辱の2点弾 秋季近畿高校野球、龍谷大平安決勝へ

龍谷大平安-履正社 5回裏龍谷大平安1死一塁、水谷が左越えに2点本塁打を放ち6-0と引き離す(ほっともっとフィールド神戸)
龍谷大平安-履正社 5回裏龍谷大平安1死一塁、水谷が左越えに2点本塁打を放ち6-0と引き離す(ほっともっとフィールド神戸)

 秋季近畿高校野球大会は3日、ほっともっとフィールド神戸で、準決勝2試合を行い、龍谷大平安(京都3位)は7―0で履正社(大阪1位)にコールド勝ちし、決勝進出を果たした。

 この日、2度目のチャンスだった。4点リードで迎えた五回1死一塁。「次こそ俺が決める」。龍谷大平安の4番水谷はうまく腕をたたみ、内角高めの直球を左翼ポール際上段へ運んだ。だめ押しとなる2点本塁打。「ベストな当たり。切れずに一直線に飛んだ」と原田監督も脱帽した。ダイヤモンドを回る主砲の顔には笑顔が戻っていた。

 三回、1点を先制し、なおも1死一、二塁。追加点がほしい場面で2打席目に立った。3球目を打ち損じ、二邪飛に倒れて天を仰いだ。続く1年生の奥村はカウント1―3から甘く入った直球をとらえ、高校初となる左翼への3点本塁打。好機を逸した水谷の闘志に火がついた。

 今夏の甲子園で1番打者としてグラウンドを駆け巡った。主将を担う新チームでは4番を任された。コースに応じた打撃向上に取り組み、指揮官から「毎試合5安打5打点」との期待を背負う。「自分が打ってチームを盛り上げる」と近畿大会ではこの日も含め、初打席に必ず長短打で出塁し、3試合で計7安打5打点と引っ張る。

 原田監督が「調整不足が響いていた」と振り返る京都大会とは一転、試合を重ねるごとに強さを増すナイン。その原動力となる水谷は「チャンスは絶対ものにする」と5年ぶりの秋の近畿頂点に向け、決意を固めた。

【 2018年11月04日 09時40分 】

ニュース写真

  • 龍谷大平安-履正社 5回裏龍谷大平安1死一塁、水谷が左越えに2点本塁打を放ち6-0と引き離す(ほっともっとフィールド神戸)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース