出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

粗大ごみ投棄が問題に 京都の町内会、分別呼び掛け街頭運動

チラシを手渡すなどして、ごみの分別を呼び掛ける町内会員ら(宇治市伊勢田町・JA京都やましろ西宇治支店いせだ)
チラシを手渡すなどして、ごみの分別を呼び掛ける町内会員ら(宇治市伊勢田町・JA京都やましろ西宇治支店いせだ)

 京都府宇治市の伊勢田連合町内会はこのほど、同市伊勢田町中山のJA京都やましろ西宇治支店いせだで、ごみの分別を呼び掛ける街頭運動を行った。周辺住民らにチラシを配り、「ごみは決められた方法で決められた場所へ」と求めた。

 町内会員10人が参加した。現場にごみ集積場があり、電化製品などの粗大ごみや分別が不十分なごみの投棄が問題になっているという。

 会員たちはごみの適切な処分や分別を訴えるチラシ400枚を、ごみを出しに来た住民に手渡したり周辺の住宅に配布したりし、「私たちの町内は私たちの努力できれいに」と呼び掛けた。会長の西川博司さん(70)は「ごみ出しのルールを守ってほしい。地域の問題は地域で協力して解決していきたい」と話した。

【 2018年11月29日 09時43分 】

ニュース写真

  • チラシを手渡すなどして、ごみの分別を呼び掛ける町内会員ら(宇治市伊勢田町・JA京都やましろ西宇治支店いせだ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース